Loading

BLOG

猫ちゃんにとって危険なもの

猫にとって危険な食べ物、植物、錠剤や薬品などたくさんありますが、特に気をつけなければならないものをお知らせします。


食品、食べ物

特に危険なのが玉ねぎ、ネギ、ニラ、ニンニクなどです。ネギ類は特に注意して下さい。

ネギ類は摂取してしまうと、貧血、嘔吐、下痢や重篤になると赤血球を壊す事による溶血性貧血という命に関わる事態を招く事があり非常に危険ですので、猫ちゃんの手の届く所に置かないようにしましょう。

またチャーハンや餃子、ハンバーグなどこれらの材料が入ったお料理などは、食べた後のお皿などはサッと下げて、口にする事がないようにする事が大切です。これらの食品は焼いたり煮たりしても中毒を起こす成分は消えませんので、どんな調理状態であっても危険です。

チョコレート

危険な食べ物というイメージは人間にはありませんが、猫にはよくありません。猫が好んで食べる食べ物ではありませんが、与えないようにしましょう。

牛乳

猫には、乳糖を消化する力がほとんどありません。牛乳には多く含まれていますから、飲むと消化不良になりお腹を壊してしまいます。


観賞用植物

基本的に猫ちゃんのいるお家はお花は置かないようにしましょう。

どうしても置く場合には絶対に届かない場所へ置いてくださいね。

猫にとって有毒だと言われる植物は700、800種類以上とも言われています。中には命に関わる重大な影響を及ぼすものもあります。

身近で猫にとって毒性の非常に強い危険な植物

ユリ科植物 アジサイ 水仙 スズラン

かじったり誤って食べてしまうと命の危険があります。


その他注意が必要なもの

ハイターなどの漂白剤

これは薄めて使えば消毒液としてとても優秀ですが、実はこの漂白剤の匂いが好きな猫ちゃんが多いのです。

匂いにつられて原液を舐めてしまったりすると危ないので、必ず猫の届かない場所で管理しましょう。

殺虫剤

夏にはよく活躍しますが、成分によっては危険が伴います。ペットにも安心と書いてあるものが販売されていますので、こちらの方が安心かも知れません。

人間用の飲み薬(医薬品)

小さな薬などは口に入れてしまうことがよくありますので、取り扱いに注意しましょう。

特に錠剤のアルミごと食べてしまうと、喉にひっかかってしまいます。

薬品によっては重篤な症状を起こしてしまう可能性もありますので、気をつけて管理しましょう

たばこ

食べたりかじったりすると中毒症状を起こします。灰皿の吸い殻や灰など子猫が遊んでしまわないようにしましょう。

吸われる方は取り扱いに注意が必要です。


他にもたくさんありますが、検索等で調べると詳しく解説されているサイトなどもありますので、参考にされてください。

誤って食べた、飲み込んだ場合にはすぐに獣医さんに連絡し状況と状態を説明し指示を仰いでください。

食べたものによっては大変危険ですので、早急な対応が必要です。

人間の生活空間には動物にとって注意しなければならないものがたくさんあります。

ここに挙げたものは特に気をつけるもので、他にも多く存在します。

幸せなネコライフのため、安心空間を作ってあげてくださいね



nekomusubi

投稿者プロフィール

Cattery Nekomusubi
Munchkin, Breeder

猫の目の色の変化

暑さ対策と新鮮なお水

関連記事

  1. 猫さん達の換毛期

    2019.04.26
  2. 猫ちゃんをシャンプー

    2018.05.21
  3. 暑い日が続いています

    2020.08.28
  4. 追加の遺伝子検査を実施

    2020.09.14
  5. 猫ちゃんとの信頼関係を築くのにかかる期間

    2018.05.05
  6. フワフワ換毛期祭り

    2019.10.08
PAGE TOP